Diablo最新作「Diablo IV」が遂に登場するのでちょっと昔話

長かった・・・。長かったホントに・・・。

前作Diablo3の発売から待つこと7年。やっとこさ発表された新作がスマホゲーだったりと、紆余曲折あったものの、とうとう待ちに待った続編が発表された。

インターネット初期の頃、Diablo1を夢中で徹夜しまくったこともあって、Diabloシリーズへの思い入れは大変強い。記憶を頼りに、色々書き殴ってみた。Diablo4の発売はまだ当分先のようなので、待っている間、Diablo未経験の人は是非、過去作たちをプレイしてみてほしい。

ちなみに旧作Diablo3はPlayStation4版が国内発売されており、しかも日本語化されている。翻訳の質、吹き替えの質ともに非常に良い。
ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション【新価格版】 – PS4

スポンサーリンク

おじさんの昔話:Diabloシリーズとは

Diabloは1997年にBlizzard Entertainment社が発売したアクションRPGだ。最大の特長はインターネット回線を使ったオンラインプレイに対応していた点にある。日本にWindows98とインターネットが上陸し、盛り上がり始めた頃に登場した。僕もテレホーダイタイム(※1)になると、夜な夜な友達とICQ(※2)で連絡を取り合い、Battle.netに集合したものだ。2000年には続編のDiablo2、2012年にはDiablo3が登場している。

※1 テレホーダイ
若い人は信じられないかもだが、昔のインターネットは定額制ではなく、電話の通話代のように従量課金制だった。速度も56kと、むっちゃくちゃ遅い。オマケに常時接続ではなく、通信するたびにモデルでダイアルアップする必要があったのだ。「ピ~ヒョロロロ~」というモデムの発信音が、テレホタイム始まりの合図であった。
※2 ICQ
当時はまだ携帯電話もそんなに普及していなかった。友達と連絡を取り合うなら家の固定電話に掛けるのが一般的であった。でも、テレホタイム(23時)にそんな電話をしたら、親にドヤされること必至。そこで登場したのがメッセンジャーソフトのICQである。独特のタイピング音と、呼び出し音を覚えている人も多いのではないだろうか。「カッコー!」

これぞハックアンドスラッシュの原点!

毎回地形が変わるダンジョンをひたすら潜り、レアアイテムを求め続ける。今でこそハックアンドスラッシュと呼ばれるジャンルが確立され、多数のハクスラゲームが出ているが、Diabloはその元祖というべき存在だ。

ダークな世界観

公式サイトにてオフィシャルトレイラーが見られるが、まぁダークで残酷である。「ディアブロ」の名の通り、悪魔との闘いが描かれるため、敵キャラはどいつもこいつも悪魔的だ。イケニエを求めてカルト教団が大暴れするなど序の口。しまいにゃ某ドゥームスレイヤーばりに地獄まで直接乗り込んで行ったり、悪魔よりも迷惑な天使に無茶振りされたりと、ちょっと書ききれないくらいダークである。

緻密なグラフィック

Diablo1と2は3Dではなくドット絵だったが、それでも妙にコダワリのあるグロが散見された。

例えばインプを叩っ斬ると頭が綺麗に吹っ飛び「どわっしゅ(出血音)グチャッ(何か裂ける音)ぽこん(頭が地面に落ちる音)」という素敵なアニメーションとサウンドが再生される。やけに細かい。余談だが、身内の間ではそのインプは「ぽこたん」と呼ばれていたとかなんとか。なお、ぽこたんは一度に数十体の単位で現れる。よって、もうそこら中でドワッシュドワッシュである。
Diablo3ではそのグロが遂に待望の3D化。物理エンジンも加わって悪魔どもが消し飛びまくる爽快ゲーと化した。

インターネット回線を介したオンラインプレイに対応

今となってはもう当たり前のマルチプレイだが、Diablo1は1997年の時点でもうマルチプレイに対応していた。97年と言えば、ファイナルファンタジー7がPlayStationで発売された年である。まだまだオンラインゲームが影も形もない頃に、Diabloはいきなり完成度の高いオンラインプレイを引っ提げて登場したのだ。

なお完成度が高いとは言っても、マルチプレイの走りということもあり、親切設計なんぞ皆無であった。チーターは当たり前のように出現するし、PK行為(他のプレイヤーを倒す行為)も横行していた。今となっては楽しい思い出だが、当時はもう何度発狂したか分からない。

今から予習するならDiablo3をお勧めしたい

Diablo4に備えてストーリーを追うならば、できることならばDiablo1から始めたほうがいいが、マルチプレイに人も居ないし、遊ぶ環境を整えるのも難しいかもしれない。それに、Diablo3がかなり丁寧にDiablo1、2のストーリーを解説してくれるので、今からやるならば個人的にはDiablo3を推したい。PlayStation 4版ならば、非常に丁寧に日本語化されており、理解もしやすい。

まだまだ書き足らないこともたくさんがあるが、取り止めがなくなってきたのでこのくらいで。既にDiablo IVの日本語公式サイトも作られている。

ちなみに冒頭でちょっと触れたがスマホ版の「Diablo immotal」も個人的には楽しみである。

何はともあれ、おかえりDiablo!

コメント

タイトルとURLをコピーしました