【ネタバレあり】FF7リメイクのエンディングが意味するところ

ゲーム

あのエンディングの意味するところは

ファイナルファンタジーVIIリメイクをようやくクリア。ゲーム内容はとても面白かったのだが、エンディングは少し解釈が分かれるところかと思った。そのため頭の整理がてら、色々とメモ。

この記事はふんだんにネタバレが含まれているため、未クリアの人、未プレイの人は大急ぎで退出してほしい。また、色々書いてあるが、あくまで個人の解釈・見解である点はご了承いただきたい。

 

 

 

以下ネタバレ注意

 

 

 

スポンサーリンク

運命の番人「フィーラー」は何を守っていたのか

多くの人が勘付いたことかと思うが、フィーラーの守っている「運命」とは、すなわち「オリジナル版FF7のストーリー展開」のようである。よって、オリジナル版から異なる展開になりそうな気配を察知すると、どこからともなく湧いて出る。大変メタっぽい存在だ。

例えば、クラウドが伍番魔晄炉のミッションに不参加となりかけた折には、スラム全体に大量発生してジェシーに怪我を負わせている。結果、クラウドが代打でミッションに参加したことで、正史通りの展開となった。

また、レノたちがスラムの教会でエアリスに接触しそうになったときにも、エアリスの逃走を助け、ストーリーの改変を阻止している。ちょっと細かい性格なのか、クラウドとエアリスの逃走経路にまで干渉してきており、絶対に改変させないという強い意思を感じ取れる。

悲惨な例がウェッジだ。リメイク版では何度も死から逃れるが、フィーラーがたびたび彼を死の運命へといざなう。まるでファイナルデスティネーションのようだ。

彼らの意思はとにかく「正史を変えさせない」というものであり、善悪どちらの存在でもない。

何故かオリジナル版のストーリー展開を把握しているキャラたち

リメイク版のクラウドはたびたび「そのストーリー到達時点では絶対に知り得ないはずの未来」が見えていることがある。例えば、スラムの教会では「エアリスが死亡し白マテリアが転がるシーン」を見ている。これはどういうことなのか?

また、直接的な描画は無いが、エアリスもそれらしい雰囲気をにおわせている。(ただし彼女はフィーラーが何なのか分かっていなかったが)

決定的なのはセフィロスだ。セリフから察するに、彼はオリジナル版FF7で予習済みですかと言いたくなるほど明確に自らの運命を知っており、その改変のために暗躍している様子だ。

何故、彼らは運命を知っているのだろうか?

説明される場面はなかったが、終盤、フィーラーの集合体と接触した際にクラウド以外のメンバーも次々とオリジナル版の場面を見るシーンがある。セフィロスは何らかの形でフィーラーから自分の運命を知り得、その改変のために動き始めているのかもしれない。

フィーラーが倒された後の世界はどうなるのか

非常にメタっぽい話になるが、フィーラーが倒されたことによって、以降のストーリーがオリジナル版のものから完全に脱線することがエンディングで強調されていたように思う。

完全に予測不能になったストーリー

セフィロスの目的は相変わらず「星と一つになること」のようなので、クラウドたちもオリジナル版同様、彼の追跡を行うことだろう。ただし、フィーラーがもう干渉してこないため、リメイク2作目以降のストーリー展開は全く読めない。下手をすればカームの街にすら行かないかもしれない。原作で仲間だった人物が敵になったり、あるいは敵だった人物が味方になる可能性すら生まれている。登場キャラや世界観の設定はそのままに、全く違うファイナルファンタジーVIIが見られることだろう。

死の運命から解放されるキャラたち

フィーラーが居なくなったことにより、エアリスが生存する可能性が出てきた。彼女の他にも、原作で死亡したキャラは結構大勢いる。ハイデッガー、スカーレット、宝条ら神羅の幹部たちもそうだし、マリンの実父ダインの運命も変わってくるかもしれない。コルネオだってどうなるか分からない。

エンディングでビッグスの生存が確認されたが、同じく行方不明になっているジェシーも生存しているかもしれない。(余談だが、エンディングで机の上に映っていたのはジェシーのグローブだろうか・・・。リメイクでヒロイン級の可愛さになっていたので、ぜひとも生き残っていてほしい・・・。)

無数に生み出される時間軸

フィーラーが消滅したことで、他の時間軸で無数のストーリーが生み出される可能性も出てきている。典型的なものは、エンディングのザックスだ。原作では死亡してしまった彼だが、何とリメイク版のエンディングでは神羅兵の待ち伏せを撃退して生存している。

すわ復活か、と思いきや、神羅兵の待ち伏せを乗り切った彼の足元に飛んでくる菓子袋には、リメイク版に登場したものとはデザインが明らかに違う忠犬スタンプが描かれている。そう、どうやらこのザックスはリメイク版FF7とは違う時間軸に立っているようなのだ。残念ながら、フィーラーを倒しても過去まで変わるわけではないので、リメイク版FF7の時間軸では復活することはなさそうだ。

とはいえエンディングでクラウドとエアリスが、生還したザックスとすれ違う際、お互いを何となく認識していたフシがある。今後、フィーラーの呪縛を逃れた時間軸がリメイク版FF7のタイムラインに絡んでくるかもしれない。FF7の世界に時間軸の概念が入ってきたことは興味深い。

「リメイク」の意味

クリアしてようやく、ファイナルファンタジーVIIリメイクの「リメイク」の意図するところが分かったような気がする。本作はファイナルファンタジーVIIのそのまま作り直すのではなく、運命(=オリジナル版の展開)を断ち切ることで、ファイナルファンタジーVIIのストーリーや世界観を再構築する意味での「リメイク」なのではなかろうかと。

僕はオリジナル版のFF7をリアルタイムで隅から隅まで遊びつくした、オリジナル版の熱狂的なファンだ。その他の派生作品も一通り全て遊んでいる。リメイク版はいわば、過去のFF7の設定や派生作品をいったんリセットするような強烈な展開を見せたわけだが、個人的にはこれを好意的に受け止めている。制作陣は相当思い切った決断をしたのだと思う。彼らのチャレンジを応援していきたい。

完全に予測不可能になったFF7の続編を期待して待ちたいと思う。

ところで今度は何年待つことだろうか・・・(汗)

4月末にアルティマニアが発刊されるようなので、ストーリーの深掘りに期待中。できればオリジナル版同様、解体新書も出してほしいところ・・・。(皆、解体新書、覚えてるかな? :p)

<5/9追記>今後のストーリーについても予想してみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました