【ネタバレあり】エンディングをふまえて、FF7リメイク続編の展開を予想

ゲーム

一体どうなる、FF7リメイクの続編の展開

前回の記事では、FF7リメイクのエンディングの意味するところを書き連ねてみた。今回は、エンディングの内容を踏まえて、FF7リメイクの続編の展開を予想してみたい。

毎度のことで恐縮だが、本記事は僕個人による考察のため、正確性については一切保証できない。あしからずご了承いただきたい。

なお、今回もFF7リメイクのネタバレが満載である。未クリアの方は大急ぎで脱出いただきたい。

では、改めて・・・

 

 

 

以下、ネタバレ注意

 

 

 

スポンサーリンク

予想不可能になったストーリー展開

前回の記事の通り、フィーラーはどうやら「原作のストーリー展開を頑なに守る存在」であった模様。FF7リメイクの最終決戦においてフィーラーは打ち破られ、エンディング以降の物語は「the unknown journey will continue…」のメッセージと共に、原作からかけ離れていくことが示唆された。

 

 

よって、ミッドガルを出た後の展開はもう読めない。前回の記事でも触れたが、ヘタすればカームの街にすら行かない可能性だって考えられる。

しかしながら、フィーラーが倒されたからと言って、キャラクターの設定や過去、出来事までリセットされたわけではない。セフィロスコピーは相変わらず北の大空洞を目指すだろうし、クラウド一行がそれらを追うことにも変わりはなさそうに思える。ルーファウス率いる神羅カンパニーの狙い(=約束の地で膨大なエネルギーを手に入れること)も、恐らく変わりはないはずだ。

よって、ミッドガルを出てしばらくのうちは原作の展開をなぞっていくのではないかと予想している。

物語のキーを握るセフィロス

ここでセフィロスのことに触れておきたい。結論から先に言うと、僕はセフィロスが二人存在している説を支持している。FF7リメイクではセフィロスの登場シーンが大幅に増えているが、原作そのままの行動をとっているセフィロスと、原作とかけ離れた行動をしているセフィロスの2人が交互に出てきているように見受けられる。

セフィロスの登場シーンをおさらい

まず、セフィロスの登場シーンをおさらいしてみよう。

  1. 八番街で駅を目指す途中で初登場
  2. エアリスと出会ったシーンでも出現
  3. クラウドの部屋の隣の部屋を覗いた際に出現(黒マントの男)
  4. 伍番街スラムの子供の遊び場に突然現れて「リユニオン」と呟く(黒マントの男)
  5. プレート崩壊後、伍番街スラムに向かう途中で現れ「また守れなかったな、それでいいのか」と語り掛ける
  6. 神羅ビルのミュージアムでメテオのイメージと共に登場
  7. ジェノバの前で「感動の再会だ」(恐らくこれも黒マントの男)
  8. プレジデント神羅を殺害 ~ ジェノバを抱えてビルから落下(黒マントの男)
  9. ハイウェイの果てで登場 ~ エンディングまで

上記のうち、3、4、7、8のセフィロスはほぼ原作通りの行動をとっている。一方、それ以外の場面では「星が死にかけている」「運命に抗いたい」といった、原作とかけ離れた言動を繰り返している。おまけに、クラウドに協力まで乞う。とても同一人物とは思えないのだ。

これらを踏まえ、便宜上、以降は原作通りの行動をとっているセフィロスを「オリジナル版」、運命を変えたがっているセフィロスを「リメイク版」と呼称したい。

原作通りに行動している、オリジナル版セフィロス

オリジナル版のセフィロスの狙いは、ご存じの通り「星と一つになり、星の支配者となること」だ。黒マテリアを使い、メテオを呼び寄せて星に大きな傷を負わせ、傷の修復のために湧き出てきた膨大なライフストリームを取り込む。

リメイクの世界線においても、オリジナル版のセフィロスのこの狙いは変わっていない。目的を実現するために神羅ビルに現れ、ジェノバの身体を持ち去っている。正確には彼本人が神羅ビル内に出現したわけではなく、黒マントの男の一人がセフィロスの意思を受けて行動を起こしたのだが。当の本人は恐らく、原作同様に北の大空洞で機が熟すのを待ちわびているのだろう。

運命を変えたがっている、リメイク版セフィロス

リメイク版のセフィロスの行動は謎に包まれている。原作のストーリー展開だけでなく原作のエンディングの遥か未来の結末(=星の死)も把握しており、目的もリユニオンではなく「星の死を阻止すること」に変わっているようだ。別の時間軸からやってきたのだろうか・・・?

詳しいことは語られなかったが、エンディング映し出された新星爆発のような何かが「星の死」ということらしい。フィーラーの定めた運命(=原作のストーリー展開)の通りに物事が進んでいくと、星が死んでしまうのだと。

原作ではメテオが寸前のところで回避されており、原作のその後を描いた作品である「アドベント・チルドレン」や「ダージュ・オブ・ケルベロス」を見る限り、人類は健在だ。原作のエンディングを見る限り、少なくともエンディングから500年後も星は残っている。

セフィロスの言う「星の死」が何なのかは不明だが、まだどの作品でも描かれていない、遠い未来にやってくる何らかの脅威が存在するのだろう。

セフィロスの語る「星の死」とは何か?

残念ながらセフィロス自身がちゃんと説明しないこともあって、星の死が具体的に何なのかは一切分からない。で、クラウドにも協力を断られまくる。ちゃんと分かりやすく説明してやれ。

エンディングでセフィロスが「我々の星はあれの一部になるらしい」と言った後に、新星爆発後のようなモヤモヤが映し出されていたが、どうやら宇宙規模の大災害のようだ。そして星を壊す存在と言えば真っ先にジェノバが思いつく。原作でも、ジェノバは古来に飛来した際に星に甚大な被害を与えており、結果として古代種はイファルナとエアリスを除いて絶滅してしまっている。

星の死=ジェノバの再来?

個人的には、セフィロスの指す星の死とは「ジェノバの再来」を指しているのではないかと予想している。原作のエンディング後の世界では古代種は絶滅しており、古代種の叡智にはもう頼れない。直接ジェノバとの闘いで使われた描画は無いが、白マテリアとホーリーももう使えないのだ。

ストーリー展開を大胆予想

リメイク版セフィロスは、ミッドガルを出た後も未来の改変のために暗躍し続けるだろう。そしてクラウド一行はオリジナル版のセフィロスのリユニオンを追いつつ、未来改変のために干渉してくるリメイク版セフィロスともたびたび遭遇するはずだ。もしかしたら共闘する場面だって有り得るかもしれない。

星の死=ジェノバ再来だとすれば、母とまで呼んだジェノバとセフィロスが戦う可能性も考えられる。元々、セフィロスはジェノバと宝条によって運命を狂わされた気の毒な人物だ。

よくファンの間ではよくエアリスが悲劇のヒロインとして挙げられる。フィーラーが打ち破られたことでエアリスの生存の可能性がグッと挙がり、別の世界線とは言えザックスまでもが死の運命から逃れた。ビッグスも生還し、ジェシーにも生存の可能性が出てきている。

同じように、英雄セフィロスもジェノバの呪縛から救われることを願いたい。

(ただ、エアリスがリメイクのエンディング直前にリメイク版セフィロスに向かって「あなたは間違っている!」と強い口調で叫んでいたのが大変気になるが。共闘の末に星の危機を回避した後、「じゃあ改めて、星の支配者になるわ!」と言い出しそうなのがセフィロスの怖いところなのである。)

原作未経験者は是非、原作のプレイを!

FF7リメイクの続編は今後数年間は出ないと思われる。その間、未経験の人は是非、原作をプレイしてみてほしい。原作を知ればFF7リメイクとその続編を数倍、いや数百倍は楽しめるはず。原作はiPhone、Androidスマホのほかに、PS4、Windows(Steam)でも入手可能だ。

そもそも原作自体が当時ムチャクチャ考察された作品であり、関連する書籍も複数出ていた。中でも解体真書はブ厚く、何度も何度も繰り返し読んだ記憶がある。

原作とリメイクを色々と考察しながら、続編の登場を楽しみに待ちたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました